社員インタビュー
INTERVIEW

株式会社スタジオーネ63

グラフィックデザイナー

  • ホーム
  • 社員インタビュー
  • グラフィックデザイナー

自分の制作物をお客様に
評価されることが、やりがいです。

デザインを一生の仕事にしたい。そんな夢を常に抱き続けてきた私が、就職活動中に出会ったのがこの会社でした。六三グループは印刷会社でありながら、紙媒体だけでなく、WEBや映像、システム開発など、様々な分野のクリエイティブに取り組んでいます。それが私にとっては魅力に映りました。
それと、会社説明会での社長の言葉も印象的でしたね。「他の分野に取り組んでいるのは、紙媒体を続けていくため。決して紙媒体を止めるためではない」。私はグラフィックデザイナー志望でしたので、印刷会社であることに誇りを持つ社長の言葉に、とても感銘を受けたことを今でも覚えています。

入社して強く感じたのは、周囲のサポートがあるので働きやすいということ。例えば自分の担当案件が重なり忙しくなってくると、上司や先輩が心配してフォローしてくれたり、時には担当分を他のメンバーに振り分けてくれるので、不安なく働ける環境があります。
なかなかデザインのアイデアが出てこなくて悩んでいる際には、先輩が一緒に考えてくれたり、営業スタッフの方がヒントをくれることもあります。自分一人で考え込むと、どうしても主観的になってしまうので、周りの様々な意見を聞いて客観的にデザインしていく大切さに気付かされましたね。

また、仕事をするうえで心がけているのは、クライアントに満足してもらうためではなく、エンドユーザーに響くものを作ること。例えばクルマの広告であれば、それを見た一般の方が、「このクルマが欲しい」と心を動かすような広告のデザインです。
今後はもっとスキルやスピード、正確性を磨いていきたいと思っています。そしていつの日か「この人に任せれば安心」と言っていただけるようなデザイナーになりたいですね。

就活中の皆様へのメッセージ

実は私も、最初はたくさん不安を抱えて入社しました。それでも周りのスタッフに支えてもらいながら成長し、今では楽しく充実した毎日を過ごしています。不安はすぐになくなります。一緒に素晴らしいクリエイティブを手がけていきましょう。