社員インタビュー
INTERVIEW

パシックス株式会社

営業事務 榊原 敏広

  • ホーム
  • 社員インタビュー
  • 営業事務

仕事も人生も「人と人との繋がり」が大切。
それを実感しながら、
日々の仕事に取り組んでいます。

社会人になって5年が過ぎました。周囲の協力もあり、着実に成長できているという実感はありますね。入社した頃に比べると、営業スタッフから直接仕事を依頼されることも圧倒的に増えました。自分が組んだスケジュール通りに案件が進行し、何のトラブルもなく納品まで終える。そんな当たり前のことが、あの頃はできませんでしたからね。上司や先輩、社内のスタッフから「ありがとう」と言われた時は、この仕事をやって本当に良かったと思います。

この会社に入って強く感じていることは、人と人との繋がりが、いかに大切かということです。社会人になって色々な仕事をしていると、一人では解決できないことが必ずあります。新人は特にそうです。私も入社した頃は、いつも先輩や上司にフォローされ、助けられながら仕事を進めてきました。
例えば、こんなことがありました。チョコレートの箱を作る案件があり、私が納品までの進行を任されたのですが、スケジュールがとても厳しく、手配関係が上手くいかずに一人で悩んでいたんです。そこで助けてくれたのが上司でした。ギリギリのタイミングで上司に相談したところ、クライアントや協力会社と交渉をしてくれて、あっという間に解決したんです。もし、あのまま私一人でやろうとしていたら、営業スタッフがクライアントに謝りに行くような大きなトラブルになっていたと思います。あの時は、上司に感謝したことはもちろん、私もこういう対応ができるようになりたいと、心から感じましたね。

また、人と人との繋がりが大切だと気づくと同時に、周囲への気配りやコミュニケーション能力も身についたと思います。私が所属する業務推進課というのは、カスタマーサービスも大切なミッションのひとつですから、当然のようにお客様への配慮は常に心掛けています。そして、それと同じくらい社内や関係会社への気配りも欠かせません。制作スタッフや印刷工場の方に、無理なお願いすることも多いですからね。経験を積んで、知識も身について、少しですが自分に自信も持てるようになってきていますので、しっかりと全体を見て判断することを心がけています。
当たり前のことですが、人間は一人では生きていけません。この会社に入って、そういう価値観を改めて認識できたことが、自分の成長に繋がっているんだと思います。

就活中の皆様へのメッセージ

六三グループには、頼りになる先輩がたくさんいます。もちろん私も先輩として、全力でサポートします。最初は不安なことが多いと思いますが、間違えることを恐れずに、じっくり焦らず仕事に取り組んでください。ぜひ一緒に、成長していきましょう。