社員インタビュー
INTERVIEW

六三グラフィックス株式会社

企画営業 穗積 諒

  • ホーム
  • 社員インタビュー
  • 企画営業

後輩たちが、自ら考えることで成長していく。
そんな環境をつくってあげたい。

頭の中に描いたものをカタチにして、それを自らクライアントに提案する。単に商品を売り歩くのではなく、「企画営業」をするのが私たちの仕事です。クライアントの話をじっくりと聞き、何が課題で何を求めているかをしっかりとキャッチ。そして目的を達成するための様々な施策やツールをプレゼンし、相手に価値を見出してもらって採用していただく。良い成果が出て「ありがとう」と感謝されたり、信頼を勝ち取ることができた時は、それはもう大きな達成感を得ることができますよ。

また、いつも自分一人だけで考えるのではなく、制作部門や営業事務、工場のスタッフたちと連携しながら目的を成し遂げていくことも、この仕事のやりがいのひとつ。六三グループには様々な部署があり、シナジー効果を発揮するスタイルができているので、色々な人の想いやアイデアを一つにまとめていくという面白さがあるんです。
互いを尊重しあう雰囲気や、感謝の気持ちを自然と伝えあう社風もあるので、とても気持ちよく仕事ができています。

私も入社から数年が経ち、そろそろ中堅と呼ばれるポジションになりつつありますが、入社した頃を振り返ってみると、敬語のひとつもできない未熟な若者でしたね(笑)。お客様との話し方や接し方、メールの書き方にいたるまで、あらゆることをイチから教えてくれた先輩たちには本当に感謝しています。
今後の目標は、代えのきかない人材になること。会社にとっても、お客様にとっても、「穂積ならやり抜いてくれるだろう」「穂積と仕事がしたい」という存在になりたいですね。そのためにも、もっと期待以上の仕事ができるように頑張っていきたいと思います。

就活中の皆様へのメッセージ

新しく入った後輩たちには、早く一人前に成長するために、全力でサポートしてあげるつもりです。すべてを手取り足取り教えるのではなく、気づきのキッカケを与えたり、問題解決のヒントをあげたり、自ら考えて成長していけるような環境をつくってあげたいと思っています。